福祉と地域貢献の関係性

日本は、総人口のうち65歳以上の人口が年々増加している高齢化社会に突入しています。他の国では類の見ないレベルで高齢化社会が進展しており、まさに日本は世界No1の高齢化社会といっても過言ではありません。このような高齢化社会に突入し様々な価値観も変わろうとしています。特に「福祉」という言葉の考え方が徐々に一般的になってきています。たとえば、・介護ビジネスが増えてきており、介護に関わる方が多くなってきた・身近で介護施設を利用する方々も増えてきたなどの理由です。また、意味としても単に老人や障害者の方の面倒を見るだけという狭義の考え方ではなく、福祉は「地域貢献」というものが根本にあるべきで、単なる営利目的や個人特定の介護などの狭義の考え方を超えて考えられるべきだという考え方に変わってきています。この地域貢献という意味を持つようになったのには理由があります。それは、福祉は一人でやるものではなく、一人で支えられるほど簡単なものではないみんなで協力する姿勢が必要であり、それぞれが地域のために貢献するべきであるという考え方をベースとしており、近年は地域貢献とさかんに呼ばれ始めているのです。

ラスターレイク

藤澤信義

フジ住宅 訴訟

白夜書房

老人福祉施設でのボランティア

老人福祉施設でボランティア活動の募集を行っていたため、地域貢献の一つと思って参加することにしました。

院内学級でのボランティア活動

地域貢献のために自分にできるボランティアはないかと思い、市の福祉センターに相談しに行きました。すると

私が高齢者施設で行っているボランティア

地域貢献のために福祉活動に参加しようと思い、週に一回のペースで高齢者施設を訪問しています。私は長年趣

私が地域貢献のために選んだボランティア

我々高齢者も何か地域貢献ができないだろうかと思い、会社を定年で退職後に社会福祉施設でお手伝いさせて頂

サイトコンテンツ

老人福祉施設でのボランティア
院内学級でのボランティア活動
私が高齢者施設で行っているボランティア
私が地域貢献のために選んだボランティア